施設・設備紹介 | ホテル・宿泊施設の歯ブラシ・各種アメニティなら昭和刷子株式会社

TEL:0893-43-1123

FAX:0893-43-0206

〒795-0303 愛媛県喜多郡内子町平岡甲400-1

製造工程について

製造工程

 

 

製造設備のご紹介

工程1 射出成形

keiseiPS(ポリスチレン)、PP(ポリプロピレン)のペレットを約200℃の温度で溶かします。

溶かされた原料をハンドル等の型を彫った金型に射出し、その後数秒間冷却して製品を取り出します。

工程2 植毛

syokumou工程1で製造しましたハンドルのヘッド部に穴があけてあり、その穴に植毛機によって毛を植えつけます。

植毛されたままでは毛先が鋭く、歯茎を傷める恐れがあるため、毛切機によって毛丈を揃え、その後毛先丸めカットを施します。ハンドル形状、毛の材質、毛先のカット(山切など)によって多様なハブラシが作られます。

工程3 中空成形

hamigaki_tyouzaiPE(ポリスチレン)のペレットを約200℃の温度で溶かします。

溶かされた原料をパイプ状(パリソンと呼ぶ)に押し出し、ハミガキ容器のあわせ型ではさみ、その中にエアーを送り込んで膨らませ、その後数秒間冷却して製品を取り出します。

工程4 攪拌

kakuhanラウリル硫酸ナトリウム、燐酸水素カルシウム、香料等を真空で攪拌し、ハミガキ液を製造します。

工程5 充填

jyuuten工程3で製造された容器の中に、工程4で製造したハミガキ液をグラム数に応じて充填し、ふたをしめます。

工程6 仕上げ 出荷

shiageご注文に応じハブラシ、ハミガキ、包材を組み合わせて梱包をします。